建築工法

アシストホームの建物は様々な対応ができる「設計の自由度」、「敷地への対応性」「強度」などにこだわり木造在来工法を採用しています。永きに渡り安心して暮らして頂くためにアシストホームでは厳しい検査と管理で安全をお届けします。

基礎・土台

丈夫な基礎と土台が建物をしっかりと支え守ります。

アシストホームでは、耐久性を高めいるために地盤からの湿気を防ぐ防湿シートの施工、頑強な基礎を実現するために、剛強な鉄筋コンクリート造のベタ基礎を採用。高強度と通気性を実現して、大切な家族と住まいを守ります。
床下の通気を高めるために基礎と土台の間に基礎パッキンを採用。さらに土台には防腐・防蟻処理を施したうえで床断熱材を隙間なく張り、住まいの健康を長期にわたり保ちます。

押さえコンクリートを打設してベタ基礎の完成押さえコンクリートを打設してベタ基礎の完成
基礎・土台
基礎・土台
床下をムラなく換気する基礎と土台の間に施された基礎パッキン床下をムラなく換気する基礎と土台の間に施された基礎パッキン
風通しがよく湿気のない床下が家を長持ちさせる秘訣。

工法

地震に強い在来工法で大切な家族を守ります。

自由度が高く、様々な敷地の対応に優れている在来工法、柱・梁・筋交などを金物でしっかり固定し地震に強い住まいにします。

土台と柱をしっかり固定して歪みを防ぐ(ダンパー)
土台と柱をしっかり固定して歪みを防ぐ(ダンパー)
工法
木材に入念に施される防腐・防蟻処理
木材に入念に施される防腐・防蟻処理
骨組みと金物でさらに頑強に。
JAS認定の構造材を採用
JAS認定の構造材を採用
2階には28mmの床材を敷き防音対策
2階には28mmの床材を敷き防音対策
工法